照明が理想の空間を魅力溢れるアイテムは専門店で

事前準備の大切さ

塗る前の準備が重要です

無垢材を使って棚を作ったのなら、ペンキなどで塗装しなくても問題はありません。しかし、棚を作るのに使った木材の種類によっては、塗装した方がいいと言うこともあります。 ペンキで棚を塗るときは、塗る技術を追求するよりも、塗る前の準備をしっかり行いましょう。ペンキの缶を開けたら、まずよくかき混ぜることです。割り箸を使えば楽ですが、底の方の感触が軽くなるまで混ぜ続けることが大切になります。 また、ペンキは新品のものでも粘度が高くて少し塗りにくいです。その場合、水性ペンキの場合は水で薄めます。もし、薄めすぎたと思っても心配はいりません。2回塗りすればいいだけです。また、2回塗りした方が仕上がりはきれいになります。

専用ジョイントパーツが人気

DIY向け商品がどんどん発売され、便利かつ楽にDIYができるようになってきています。女性や高齢者でも、DIYを行うことが珍しくなくなったので、DIY向け商品が増えるのも納得です。 そんな中、最近増えてきているのが、専用ジョイントパーツを使って棚を作ることです。2×4材と専用ジョイントパーツを使うことで、DIY初心者でも1時間程で立派な棚を作ることができます。専用ジョイントパーツに木材を通し、そのパーツごとネジを締めていくだけです。パーツにはネジ穴が開いているので、非常に簡単にネジ締めができます。2×4材の長さを変えれば、どんなサイズの棚でも簡単に作ることができるので、専用ジョイントパーツの人気は高いです。

» ページのトップへ戻る